LOCATION 西宮北口のすべてを享受する北東エリアの贅沢

POSITION

「西宮北口」という華やぎをそして、「薬師町」という安らぎを。

「薬師町」は、阪神間の一大ターミナルシティとして発展し、文化やライフトレンドを発信し続ける西宮北口の駅前エリアを庭にしながらも、震災以降、駅前に隣接した中低層住宅地域として計画的に再整備された良好な住宅地。 潤いも豊かで、周囲に高い建物がなく、空が広がる閑静で開放的なこの場所から「西宮北口」の華やぎを庭に、「薬師町」の安らぎを謳歌する暮らしがはじまります。

西宮北口北東エリア 区画整理区域内で現在分譲中は「Brillia 西宮北口」のみ

  • 北口線
  • 武庫川広田線
  • 中津浜線

FLAT APPROACH 駅までのアクセスは、閑静な住宅街を抜けるフラットアプローチ

あらゆる商業施設や文化施設が集う利便性が魅力の「西宮北口」駅前へ徒歩13分。
坂道がなく、フラットに歩けて子供から大人まで快適にアクセスできます。
ビッグターミナルシティの利便性を余すところなく享受できるロケーションです。

EDUCATION 平成28年4月開校の新設校 ~ “北東エリア”教育環境 ~ 「高木北小学校」について EDUCATION 平成28年4月開校の新設校 ~ “北東エリア”教育環境 ~ 「高木北小学校」について

PARK 「高木公園」について PARK 「高木公園」について

(高木小学校から分離新設) 西宮市で18年ぶりに新設。高木北小学校の取り組み

高木北小学校は高木小学校の生徒増加に伴う教室不足の解消を目的として平成28年4月に西宮市で“18年ぶり”に新しく開校(高木小学校から分離新設)されました。 各教室にはエアコン、パソコンやタブレット端末、50インチのTVなどの設備が完備され、 ICT(※1)対応の教育環境が整っており、英語を母国語とする外国人による英語授業にも力を入れています。

※掲載の情報は平成29年度現在のものとなります ※1 ICT(Information and Communication Technology)は「情報通信技術」の略。IT(Information Technology)とほぼ同義の意味を持つが、コンピューター関連の技術をIT、コンピューター技術の活用に着目する場合をICTと、区別して用いる場合も。国際的にICTが定着していることなどから、日本でも近年ICTがITに代わる言葉として広まりつつあります。

  • 学校内外における交流

    縦割り教育による他学年との交流や、近隣教育施設との交流が盛ん。将来進学することになる瓦木中学校とも、学校間での交流も活発に行われています。

  • 地域で子どもを見守る

    高木地域は他の地域と比較して街全体で子供たちを育てていこうという土壌があります。
    登下校の見守りや校内の植物の管理、パソコン指導、図書室のお手伝い等、地域の方のご協力の下、児童達がのびのびと学校生活を送っています。

  • 子どもたちの安全対策

    遊具のあるグラウンド南側に、西宮市で初めてとなる人工芝を敷き詰めて、子供たちのケガや事故の防止に努めるほか、緊急時の一斉メール配信の採用など、安全のための対策をとっています。

約1haの広さを誇るエリアのシンボル「高木公園」について

地域のシンボルとして多くの子供たちの笑い声が絶えない「高木公園」。 周辺エリアとしては珍しい、約1haの広さを誇る大規模な公園で、Brillia 西宮北口 East Courtからわずか徒歩3分という近さ。 広い公園には、木々や小川、芝生広場や子供たちがよろこぶ遊具まで揃っています。公園のすぐ近くにある「ヒロコーヒー西宮北口店」にも地域住民が集い、公園で遊んだあとの母子なども含め、周辺は地域全体の憩いのスポットとして親しまれています。

  • 防災関連施設を備えた「高木公園」

    「高木公園」は阪神・淡路大震災後に整備され、 災害時の備えとして井戸や緊急用貯水槽、防災倉庫などの防災関連設備が整っています。
    快適さだけではなく、いざという時にも頼りになる存在です。

LIFE INFORMATION 全てが程よい距離にそろう、理想的なロケーション

  • SHOPPING(買い物施設)

  • PUBLIC(公共施設)

  • HOSPITAL(医療施設)

  • EDUCATION(教育施設)

  • PARK(公園)

  • BANK

ご購入者の声:私が「Brillia西宮北口EastCourt」を選んだ理由